滋賀県立大学環境科学部附属 集水域実験施設

滋賀県立大学環境科学部附属「集水域実験施設」は,流域の水質,景観,自然生態系の保全と管理のための教育・研究をおこなうためのフィールドステーションで,森林実験流域と観測タワー,宿泊可能な実験棟から構成されています。森林実験流域には,イヌワシやクマタカなど貴重な動植物が生息しています。また,冬季には1〜2 mも積雪します。この広大で自然豊かな集水域実験施設を活用し,森林植生の動態の解明や,森林からの窒素流出機構の解明,森林から排出される物質の化学組成の調査などさまざまな調査・研究がおこなわれています。

集水域実験施設を利用した研究のようす

森林実験流域にて渓流水の流量を定期的に調査しています。
観測タワーに設置された雨量計のデータをPCで回収しています。
土壌の微生物活性測定や化学分析のための試料を採取しています。
周辺の山で自然環境の調査をしています。これは焼畑をおこなう場所の植生調査です。
集水域実験施設を拠点に,焼畑を使って食・森・地域の再生をめざす実践研究を続けています。
これは火入れのようすです。
焼畑では在来品種の「余呉の山かぶら」を栽培しています。
酢漬け・ぬか漬けや焼く料理用に評価が高まっています。
冬季は雪深いなか観測に必要な器材を背負いスノーシューを履いて森の奥へと調査に向かいます。

所在地:滋賀県長浜市余呉町摺墨