STAFF

教員一覧

原田 英美子 (はらだ えみこ)

生年月日 1966年5月2日 職名 教授
研究室 B5-201 内線 8322
E-mail harada.e@localhost;ses.usp.ac.jp
専門分野 植物科学
担当科目 学部講義・実習、植物資源開発学(後期)、環境植物生理学(後期)、人間探求学(前期、分担)、生物資源管理学概論(前期、分担)、専門外書講読(前期もしくは後期、分担)、環境フィールドワークI(前期、分担)、環境フィールドワークⅢ(分担)、生物資源管理学実験実習I(前期、分担)、生物資源管理学実験実習Ⅱ(後期、分担)、環境生物学実験A・B(前期、分担)、博物館実習(前期、分担)、アジア・フィールド実習Ⅰ・Ⅱ(分担)、大学院講義・実習、植物遺伝資源論(前期、分担)、環境研究倫理特論(後期、分担)、国際環境マネジメント特論(通年、分担)
Webサイト 本学研究者情報

研究概要

 特定の元素を高濃度で蓄積する特殊な植物であるハイパーアキュムレータ(Hyperaccumulator)の性質や分布を調べることにより、植物の金属耐性・蓄積メカニズムに迫ろうとしています。金属集積性を持った植物を汚染環境のファイトレメディエーション(植物を用いた汚染環境の浄化法)に応用するための検討や、植物を利用して環境中から効率的に有用金属を回収する手法(ファイトマイニング)にも興味を持っています。琵琶湖水圏の生物資源の保全と有効利用につながるような研究を目標にしています。

教育方針(研究室の運営)

 高校や大学教養部までの「勉強」は、誰かがその解答を知っており、それに早くたどりついた者が勝ち、です。それに反して、大学での「研究」は、答えがわからない設問の答えを探すという作業です。教官すら正解が何なのか予め知っているわけではないのです。自然の中に隠された謎を解くためには、各自が実験で得られたデータと先入観なく向き合うことが必要になります。これはもちろん苦しい過程ですが、将来研究職をめざしている人は特に、苦しさの中にある研究の楽しさを学んでほしいです。自分の力でこれまで誰も答えを知らなかった自然界の謎が解明でき、これまで不可能だったことが可能になるのは、本来エキサイティングで面白いことだと思います。  
 

研究業績

Scopus 著者ID: 7006294940
https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=7006294940

ORCID ID: 0000-0002-8479-8034
https://orcid.org/0000-0002-8479-8034

CiNii ID: 9000003153596
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000003153596

Researchmap
https://researchmap.jp/7000024000/

科研費研究者番号: 20232845
https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?qm=20232845