STAFF

教員一覧 - 研究室紹介

原田研究室

 植物の重金属集積性・耐性の解明をベースとして、琵琶湖水圏に生育する植物の理解と有効利用に関する研究を進めています。滋賀県立大ならではの独自性のある研究を目指し、フィールドワークに関連した手法も積極的に取り入れています。

1.重金属集積植物

2.現在研究中の植物および生育地

・琵琶湖のオオカナダモのマンガン(Mn)集積性
・伊吹山を調査地とした石灰岩土壌で生育する植物に関する研究

3.卒業論文・修士論文・博士論文リスト

2019年度

卒業論文

・伊吹山の希少植物イブキカモジグサの分布と起源

・水生植物表面に生成する Mn 酸化物の化学形態と付着微生物

・イブキノエンドウ(Vicia sepium)の分子遺伝学的解析

・石灰岩土壌がイブキダイコンの品質に及ぼす影響

2018年度

卒業論文

・ゲノム情報と形態的特徴を併用した沈水植物の種判別法の確立

・伊吹山に自生するヨーロッパ原産の帰化植物に関する研究 -移入経路の解明と緑化への利用-

・石灰岩土壌で栽培したイブキダイコンの特徴

・オオカナダモ(Egeria densa)のMn集積機構を利用した生物模倣材料の探索

2017年度

卒業論文

・石灰岩土壌由来のハクサンハタザオ系統の金属吸収能の特徴づけ

・琵琶湖水圏に生育する沈水植物の種判別法の確立

・絶滅危惧種タチスズシロソウの個体数に影響する環境要因

・オオカナダモ(Egeria densa)Mn高集積に関与する付着微生物

2016年度

修士論文

・オオカナダモ( Egeria densa )に付着するマンガン(Mn)酸化細菌

卒業論文

・琵琶湖湖岸に生育するタチスズシロソウの重金属集積性と植生調査

・オオカナダモ( Egeria densa )付着性マンガン酸化細菌の有効利用

・琵琶湖水圏に生育する沈水植物種のDNAバーコーディング法を用いた判別

・ハクサンハタザオの石灰岩土壌における金属吸収

2015年度

博士論文

・琵琶湖流域に生育するシロイヌナズナ属野生種の金属集積性に関する研究

卒業論文

・本植物樹皮中のカルシウム/ストロンチウム含有結晶マトリックスタンパク質の探索

2014年度

修士論文

・琵琶湖水圏におけるオオカナダモ( Egeria densa )のMn集積機構の解明と有効利用

卒業論文

・本植物におけるカルシウム/ストロンチウム含有結晶の生成機構の解明

・オオカナダモ( Egeria densa )付着藻類の解析とマンガン(Mn)集積性の検討

・オオカナダモ( Egeria densa )におけるマンガン蓄積量の季節変動の調査―金属資源の効率的な回収方法の検討―

・植物の重金属解毒に関与するファイトケラチンの新規定量法の開発

2013年度

修士論文

・タバコ( Nicotiana tabacum L. )のカドミウム・ストロンチウム耐性および蓄積性に関与するトライコームの機能

卒業論文

・オオカナダモ付着藻類の遺伝子解析による同定

・オオカナダモ( Egeria densa )のMn蓄積能の季節変動の調査―オオカナダモの有効活用に向けて-

・オオカナダモ( Egeria densa )のマンガン(Mn)高集積性に影響する環境要因

・ヤナギ科・ウコギ科木本植物におけるストロンチウム(Sr)集積機構の解析

・タバコ( Nicotiana tabacum L. )の重金属耐性機構の解析-イオウ代謝系とカドミウム・ストロンチウム耐性との関連-

2012年度

・オオカナダモ( Egeria densa )におけるセシウムの動態

・ハクサンハタザオ( Arabidopsis halleri ssp. gemmifera )の自然変異を利用したカドミウム集積性および耐性の調査

・放射光蛍光X線を用いた木本植物におけるストロンチウムの挙動の解析

2011年度

・タバコ( Nicotiana tabacum L. )トライコームのカドミウム耐性および蓄積性に関与する遺伝子の同定

・ヤナギ( Salix sp. )を用いた木本植物におけるストロンチウムの挙動の解析

・琵琶湖周辺のヨシの遺伝子型の変異と土壌元素濃度との関連性

・タバコ( Nicotiana tabacum L. )におけるストロンチウム(Sr)の挙動